カテゴリ:
ぜんそくが出た

ぜんそくは、咳(せき)や痰(たん)、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)や息苦しさなど、さまざまな症状があります。

喘息のもとは気道の炎症です。喘息の人の気道は、症状がないときでも常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり発作がおきてしまいます。

喘息の治療は、発作をおこさないための気道炎症の治療が中心となります。

このような症状が続いている方は、医療機関を受診しましょう。治療せずに放置すると、気道の炎症が悪化して発作の頻度が多くなったり症状が重くなったりします。

よくご相談を受ける症状や内容
その他の
健診で指摘された
健診で指摘された
運動療法
健診で指摘された
尿酸が高い
健診で指摘された
血圧が高い
胃・大腸検査
胃カメラ
胃・大腸検査
胃痛
健診で指摘された
ストレッチ
健診で指摘された
太りすぎ
健診で指摘された
血糖が高い
胃・大腸検査
大腸カメラ
胃・大腸検査
便に血がついてる
健診で指摘された
 食事療法
健診で指摘された
コレステロールが高い
健診で指摘された
慢性腎臓病って何?
胃・大腸検査
便秘や下痢
胃・大腸検査
ピロリ菌とは

健診で指摘された

胃腸の大切さ

からだのキモチ

心の健康

アセット 1_2x.png
益城なかぞのクリニック

午前 08:30~12:30

診療時間

午後 14:00~18:00

水曜午後・土曜午後・日曜祝日休診

〒861-2241 熊本県上益城郡益城町宮園732-9

​ご予約

© 2016 by Mashiki Nakazono Clinic