腹部超音波検査
腹部超音波検査

腹部超音波検査は肝臓、胆のう、すい臓、ひ臓、腎臓、子宮、卵巣、膀胱、前立腺などお腹の中にある臓器を調べる検査です。

 

方法はお腹にゼリーを塗りそこにプローブ(探触子)をあてます。プローブからは超音波が発信され、その反射波(エコー)を利用して内部の臓器の様子をモニターで確認します  エコー(超音波)検査はX線検査とは違い、被ばくすることがありません。

胎児にも使えるほど安全で、苦痛もなく手間もかからないため、腹部を調べる際の基本的な検査として用いられています。

​各種検査一覧