我が家のズッキーニ



今年の春、我が家の畑にズッキーニの苗を5本植えました。実は2年前も植えてみましたが、実が大きくなる前に腐ってしまい食べることが出来ませんでした。そこで今年はリベンジのつもりで5本の苗を植えました。


1年ほど前に、人吉に住む母の友人からズッキーニは受粉をしないと実がつかないことを教えてもらいました。それと、朝早く受粉しないといけない事も教えてもらいました。そこで私は、朝早起きし歯磨きをしながら畑に行き、雄花と雌花を見つけては受粉を一生懸命頑張りました。しかし、雄花が咲いているときに雌花があるわけではなく、どんなに雄花がたくさん咲いていても雌花がない、また雌花が咲いたかと思うと雄花がないなど自然の摂理なのか、あるいは実が出来過ぎないようにするためなのか、雌花は1週間に2つか3つくらいしか咲きません。面白いなと感じました。


どうにか早起きを頑張ったお陰で、今年はヘチマのように大きい実のズッキーニが出来ました。お店に置いてあるのはキューリと間違いそうな細いものしかありませんが、我が家では2Lのペットボトルと変わらない大きさで、1回の調理では使いきれませんが、煮てもよし炒めてもよし、天ぷらにしてもとてもおいしく食べることができます。本当に瑞々しくて甘くて美味しい我が家のズッキーニです。もうそろそろ収穫も終わりに近いですが、最後まで大事にしていきたいと思います。